e0038858_855013.jpg
昨年秋に制作したプラモデルを撮影しました。撮影は休日の晴天でしかも風の無い日にしかできませんので、そんなにチャンスがありません。冬は晴れの日が多くていいのですが、太陽高度が低くていろんな影が映りこんでしまうので苦労します。今回はジオラマベースを傾けて、日光の角度を稼ぎました。

これは、アメリカ海軍艦上戦闘機 グラマンF6F-3 ヘルキャット (ハセガワ hasegawa 1/48)です。このヘルキャットは1943年ごろ活躍した初期型で、コクピットの後ろに窓があるタイプです。

「第二次大戦中の戦闘機の中で、もし自分が一隊を率いて戦うとしたらどれを選ぶ?」とアメリカのある有名なパイロットたちに聞いたところ、このF6Fを選ぶ人が多かったと聞いたことがあります。なぜかというと、性能が傑出しているわけではないが優秀で、挙動が素直で操縦しやすく、視界も良くて、頑丈。いろんな技量の部下を率いて戦うならF6Fが一番いいとのことです。カタログ値には出ないけれど、実戦で使う兵器として大事な部分の性能が良いということなのでしょう。

模型としての今回のポイントは、ネイビーブルー部分の塗装です。ネイビーブルーのように濃い色はスミ入れをしてもパネル面が目立たず、メリハリが付きにくい。かといって、薄い色でスミ入れするのもなんか違う気がする。良くある、エアブラシでグラデーションをつけてパネル表現をする方法は個人的に好みじゃない。というわけで、今回はドライブラシの処理をしました。

こちらに他のアングルの画像を載せてます。よろしかったらどうぞ。
[PR]
# by y-kanosan | 2010-01-24 08:56 | 模型
e0038858_22243548.jpg
トランペッターの1/48 ドイツ爆撃機 フォッケウルフ コンドル(FW200C-4 CONDOR)です。全長488mm、全幅684mmもある大型モデル。迫力があります。秋に完成させたものを撮影しました。

コンドルは、第二次世界大戦の爆撃機で、旅客機を改造して作られました。ですから性能はそれなりですが、非常にスマートなデザインで、私は好きです。

今を去ること40年近く前、小学校高学年だった私は、レベル社の1/72爆撃機シリーズにハマってまして、コンドルはあこがれのキットでした。夏休みに親戚のおばさんにプレゼントされたのですが、うまく作れなくてすごく悔しい思いをした思い出があります。でも大人になって挑戦した今回は何とか完成させることができました。

こちらに他のアングルの画像を載せてます。よろしかったらどうぞ。
[PR]
# by y-kanosan | 2010-01-13 22:25 | 模型

e0038858_18265946.jpg
E.E./BAC ライトニングF3(エアフィックス1/48)です。ライトニングは、エンジンが上下に二つ付いた珍しい戦闘機です。双発戦闘機のエンジンは普通はヨコに二つ付けるんです。そうしたのは、エンジンが片方止まっても左右に振られないためだとか・・・。でもそのために、燃料を積む場所は無いわ、ミサイルを吊るす場所は無いわ、整備が大変だのデメリットも多かったようです。
e0038858_18273533.jpg
ライトニングF3は、お腹の燃料タンクが小さめのタイプです。お腹の燃料タンクがでかくてずんぐりしていて、予備の燃料タンクを主翼の上に乗っける、さらにとんでもない飛行機のライトニングはF6タイプです。
私はスタイル的にはF3の方がシャープで好きです。でも奇妙さから言えば、断然F6。
e0038858_18275381.jpg
エアフィックスの1/48ライトニングF3は、凹モールドの好キット。主翼の取り付けに少し苦労しますが、そのほかはわりとスイスイ組めます。デカールはカスレがあったりしてデキが今ひとつですが、まあ実機のヨゴレと解釈してヨシとします。

今回の銀塗装は、GSIクレオスのMr.カラースーパーメタリックシリーズのスーパーファインシルバー、クロームシルバーに黒を混ぜて使いました。段階的に黒の濃度を分け、パネル表現の塗り分けをしています。スーパーメタリックシリーズは値段が高いだけあって、非常に良い輝きです。

こちらに他のアングルの画像を載せてます。よろしかったらどうぞ。
[PR]
# by y-kanosan | 2009-07-18 18:32 | 模型
e0038858_1653792.jpg
e0038858_16534669.jpg
ハセガワの1/48カーチスP-40Kです。映画「スカイキャプテン」を見てたら作りたくなってしまいました。
やっぱりウォーホークを作るならシャークマウスいしたくなります。
このキットはE型、K型、N型など色んなバリエーションに対応できるよう、機体がやたらと分割されていています。キットのデキ自体はとてもよいのですが、それでも微妙にRが合わなかったり、スジ彫りがずれていたりして、すりあわせに結構時間をとられます。でも完成したときの喜びもその分大きかったりします。

こちらにも画像を載せてます。よろしかったらどうぞ。
[PR]
# by y-kanosan | 2009-07-12 16:55 | 模型
e0038858_1646319.jpg
e0038858_16471752.jpg
冬の間に作りました、F-15Jイーグルです。
ハセガワの古いキットですが、最近空対空ミサイルのパーツがついて再販されてます。これはデカールも美しくてよいです。アイリスカバー無しのエンジンノズルのパーツもついてたらもっと良いのですが・・・。その部分は以前買ったもののエンジンノズルを流用してます。

こちらにも画像を載せてます。よろしかったらどうぞ。
[PR]
# by y-kanosan | 2009-02-15 21:16 | 模型
e0038858_227540.jpg
ホビーボスの1/48 ダッソー ラファールC。C型は空軍型の単座戦闘機です。 デルタ翼機はスタイル的にあまり好きではないのですが、サーブ・ヴィゲンとこのラファールは別です。ラファールのエアインテークに至るへこんだラインが、とてもカッコいいのです。

初めてホビーボスのキットを組みましたが、合いは問題なく、組みやすかったです。基本的には良いのですが、なんというか細かい部分で、最後のツメが甘い感じがしました。コンピューターを使ってうまく設計したけど、職人さんの最後のこだわりや意地が見えない・・・・そういうイメージです。

スジ彫りは深くてありがたいのですが、もうちょっとシャープさがあればもっと良かったです。パネルラインは怪しい部分があるのですが、詳しい資料を持ってないので、機首の部分のみ彫りなおしました。コクピットの計器のディティールもキャノピーから結構見えるのに「そりゃないだろ」というぐらい大らかな作り。計器類はディスプレイらしくするために少しだけ手を入れました。デカールは薄くて質はとてもよいと思いますが、貼り付け指示はわかりにくかったです。箱絵はホビーボスの中でもかなりイマイチ。

そうはいっても、キッチリ合ってちゃんと形になるところは高く評価したいと思います。もう少し値段が安ければ文句は言いません。まあでも日本で売れるロットを考えると仕方が無いのかな・・・。

よろしければ他のアングルもこちらでご覧ください。
[PR]
# by y-kanosan | 2008-10-13 22:24
e0038858_1557558.jpg
最近「空軍大戦略(Battle of Britain)」のDVDを購入。恥ずかしながらまだ見たことが無かったのです。すごい映画でした。スターウォーズの戦闘シーンは、空軍大戦略の影響を受けてたのかと、いまごろ発見。知ってる人には当たり前のことだと思いますが・・・。この映画は、模型業界やモデラーにも多大な影響を与えていますね。私の頭の中で色々つながりました。
スピットファイアMk.9らしき飛行機もMk.1らしく改造されて出演してました。Mk.1やホーカーハリケーンのプラモデルも作りたくなりました。

今回はハセガワノ1/48スピットファイアMk.9です。
詳しくはこちらで、よろしかったらみてやってください。
[PR]
# by y-kanosan | 2008-10-13 15:59
e0038858_12222130.jpg
ハセガワの1/48 メッサーシュミットBf109G-6 第27戦闘航空団所属機です。

詳しくはこちらで、よろしかったらみてやってください。
[PR]
# by y-kanosan | 2008-09-20 12:30 | 模型
e0038858_1073028.jpg

AFVクラブの1/35 M1126 ストライカーです。春に作って静岡ホビーショーにもっていったものです。 
詳しくはこちらで、よろしかったらみてやってください。
[PR]
# by y-kanosan | 2008-08-02 10:11 | 模型
昨日、近所のショッピングセンターに出かけたら、プロのバンドがたくさん出てくるイベントをやってました。

5時15分ごろイベント会場を通りかかったとき、40歳過ぎの二人組のバンドが演奏してました。これが結構素敵な曲なんです。立ち止まって聞き惚れてると、ボーカルの人が間奏でギターソロを始めました。私はぎょっとしました。

音がすごい。ギター小僧なら憧れるサウンドで、かつ、むちゃくちゃうまい! さらにキーボードの方もものすごくうまかったのです。

「これはただものじゃない!」と、家に帰ってからバンド名で検索したら、ボーカル&ギターの人はなんとあの聖飢魔Ⅱの元メンバーだったエース清水長官閣下だったのです!

私が大好きだったエース清水さんのメロディアスなギター。「THE END OF THE CENTRY」のギターソロなんて名作です。

こんなところで長官の素顔を拝見できるとは。感激!

昨夜は懐かしさの余り、YOUTUBEで、聖飢魔Ⅱ関係を2時頃まで見まくってました。夜更かしがキツイ年齢なのに・・・。

エース清水さんのFACE TO ACE、応援しようっと。
e0038858_125062.jpg

[PR]