蝉しぐれ

映画「蝉しぐれ」見てまいりました。
正直に言います。

3回泣きました。

緒形拳の演技で1回泣かされました。
あとの2回は監督の演出で泣かされました。

原作を読んでいるせいかな・・・
いや、映画として、私のツボにハマッちゃったということでしょう。

緒形拳のほかには大滝秀治も良かった。
やはりベテラン俳優の演技は格が違います。

主人公の子ども時代を演じた二人は、決して演技は誉められたものではありませんが、存在感がありました。

この私を泣かすとは・・・
黒土監督の力量や恐るべし!
[PR]