日本一暑い岐阜県多治見市と私の懺悔

日本最高の40.9度を記録した翌日の17日、摂氏40.8度の岐阜県多治見市を通ってきました。でも冷房の効いた電車に乗って通過しただけなので、摂氏40度を体験したというわけではありません。途中下車して暑さを味わえば話のネタにもなったでしょうが、ヘロヘロでそんな気になれませんでした。

実は私の母校は県立多治見北高校で、3年間あの暑い多治見で勉学に勤しんだのでした。よく頑張った!ワシ。感動した!

多治見を通ったのは、里帰りのためです。実家の親に顔を見せ、祖父母並びにかのー家代々の墓参りをしてきました。けっこう疲れて帰りの新幹線の中では熟睡。

寝ぼけ眼で、うっかり自分の出したゴミやペットボトルを新幹線の座席に置き去りにしたまま下車しちゃいました。ああ、なんという失態。

普段、新幹線にゴミを置き去りにするマナー違反の人間を口を極めて罵っていた(ただし心の中で)私なのに、自分がそのマナー違反人間になってしまった。世間の皆様、ごめんなさい!
猛暑日がいけないんです。

でも、ゴミの置き去りは、私みたいにうっかり忘れちゃったという場合がけっこう多いのかもしれませんね。今後はそう解釈し、腹を立てずに片付けようかな…と思いました。
[PR]