2005年 08月 20日 ( 1 )

e0038858_22373371.jpg
昨日のブログの続きです。
大和ミュージアムはかなりインパクトが強いようで、「大和ミュージアム」でググると、結構みなさん、ブログに書いておられますね。、船好き、模型好きな人だけでなく、多くの人たちの心を捉えているようです。
実際、会場もカップル、親子連れ、お年寄りのご夫婦等等、老若男女いろんな方が見に来ておられました。

展示物の要所要所にビデオが見られるコーナーがあり、これをじっくりごらんになることもお勧めです。大和からの生還者や未亡人のお話のビデオはとくに心打たれました。

e0038858_22543664.jpg「大和ミュージアム」の正式名称は「呉市海事歴史科学館」といいまして、大和にまつわる展示以外にも、呉の町としての歴史、造船技術の歴史なども展示してあります。

「未来へ」というコーナーもありますが、これはほとんど「松本零士先生ブース」という感じで、ファンにはたまらないかもしれません。展示方法も懐かしい松本メカ演出です。親子連れにも人気でした。


e0038858_2259238.jpgお土産売り場は小さいながらも、内容は結構充実してます。
私はここで、大和せんべい、大和Tシャツ、大和タオル、大和てぬぐい、大和うちわ、大和ボールペン、大和鉛筆、大和キーホルダー、大和ミュージアム常設展示図録・・・を買いました(うわー結構買ったなあ)。

e0038858_22581492.jpgミュージアムの外にまわると柱島沖で爆沈した戦艦陸奥の錨、主砲、スクリュー、舵も展示してあります。

大和ミュージアムは、一度入場券を買えば、その日のうちなら何回出入りしてもOK。
近くに大きなショッピングセンターもありますので、食事をとったりコーヒーを飲んだりして時間をかけてミュージアムを堪能することができます。

e0038858_2381272.jpgミュージアムの車もありました。なんかステキです。

あと注目なのが、呉で製造された船の1/100、1/200の模型です。
写真は1/100戦艦長門ですが、どの模型もスーパーディティールです。人が少ないときにじっくり見たいものです。もう一回行きたいなあ。
e0038858_2317033.jpg

[PR]
by y-kanosan | 2005-08-20 23:19 | 模型