2006年 01月 17日 ( 1 )

ライブドアさんはちょっと前までWeb制作会社でした。お仕事でお付き合いのあったWeb制作の現場の人たちはとても頑張ってたんですが、半年前に急に「Web制作から手を引くことになった」という連絡を彼らからもらいました。
他の事業より効率が悪いからだそうです。Web制作担当の方々の心中やいかばかりかと思っておりました・・・・・・そして今回の手入れです。

社長である堀江氏の考える、儲けの大きい効率の良い事業というのは、人をだまして株でもうけることだったようです。

堀江氏は、いまどきの若者の憧れの存在でもあるそうです。
人がやらないことをやって、成功しているからだそうです。
彼の映像を垂れ流したTV局や、彼を評価したコメンテーターは、猛省すべきだと思います。

堀江氏に買収されそうになったラジオ局では、最近視聴者に株取引を勧める番組を垂れ流しています。未成年から始めた株で成功した人間をスターのように扱っています。いったい何を考えているのでしょう。そういう人を目指せということでしょうか? 
毎日仕事もせずにパチンコ通いしろ、と青少年に勧めてるのに等しいことだと、私は思います。

「恥ずかしい人」とはどういう人か
「立派な人」とはどういう人か

品のない番組を作った人たちは、一度そういうテーマで作文を書いて、学校の先生に採点してもらったらいいと思います。
[PR]