カテゴリ:ニュースネタ( 21 )

二酸化炭素の話の続きです。

今は地球温暖化だと大騒ぎしてますが、私が生まれたころの50年弱前の世界は小さな寒冷期になっていて、ちょっとした「氷河期到来説」のブームがありました。私が小学校のころの子ども向けの雑誌には、凍りついた都市のビル群のイラスト入りで「氷河期の恐怖」みたいな特集がよくあったものです。幼心に氷河期は本当に怖かったです。

ところが最近になって気温が上がってきたら、今度は「地球温暖化で人類は滅びる」なんて脅かされてます。
いったいどっちなんでしょう。

温暖化の現状の報告として、極地の氷が減ってるとか大陸氷河が減ってるとか言われますが、減ってるんじゃなくて50年前の寒冷期に発達しすぎた分が元に戻ってるだけだという説もあるんです。本当のところはどうなんでしょう。

「氷河が融けたら海水面が上がる」と言って騒いでいる人がいますが、幸い、温暖化が進んでいる現在、日本の周辺で海水面が上がってる状況は無いようです。ということは、世界的にはまだ海水面の上昇はおきていないということです。

地盤沈下や海流の変化でおこった大潮のために海水の浸入があったツバル諸島のような局地的な海面上昇を、地球温暖化と結びつけて報道するのは、事実を捻じ曲げています。

大体、気温が上がれば、蒸発する水分も多くなりますからその分海水面が低くなるという言い方をしてもいいわけです。実際、南極やグリーンランドの内陸部の氷床は降雪量が増えて厚みを増しているとも言います。
つまり、地球のメカニズムは素人の思いつきで解釈できるほど簡単じゃなくて、きわめて複雑でよくわからないものなのです。

まあでも、この先どんどん気温が上がれば、海水面も変化してくるでしょうが、どんどん気温が上がるかどうかも実はよくわかりません。なんせ、二酸化炭素を出し続けてきた歴史の中でも温暖期や寒冷期は繰り返し起こってますから。

あと、テレビなどでは、気温の上昇で砂漠化してるところばかり報道しますが、恩恵を受けているところもホントはあるはずです。

例えば、最近のロシアは調子が良さそうに見えませんか?
報道では聞いたことがありませんが、たぶんロシアでは温暖化のために作物の収穫が飛躍的に増えてるんじゃないかと思います。食い物の心配が無いので、ロシアは安定してるんじゃないでしょうか。

とまあ、いろいろ書きましたが、こういうことは、なぜか大きな声では言えないものです。
仕事で知り合った環境問題に詳しい大学の先生も、地球温暖化については、自説を世間には自由に発表できない、とおっしゃってました。

「地球温暖化は確実に進んでいて、未来は地獄で、原因は二酸化炭素だ」というストーリーからはずれる意見は異端児扱いで、まともに取り上げられないばかりか、狂信的な人やメデイアから糾弾されることさえあるといいます。

おかしな話です・・・というより、恐ろしい話ですね。

世の中、冷静に考えるとおかしなことが多いです。一昔前の「差別語」とされる伝統的日本語の抹殺、最近で言うと、災害時に一人暮らしの老人の居所もわからない個人情報保護、タバコ吸いの病的なまでの締め出し・・・・、冷静に眺めると、行き過ぎだと思いませんか。
現代人には、徳川綱吉の「生類憐みの令」を笑う資格は絶対にありません。

敗戦記念日が近いですが、今から70年前、国を滅亡に追いやる戦争に突入したときも、「戦争やむなし」以外のことを言う人は、糾弾されてました。それとおんなじ構図です。

憲法9条を守ることに固執している人もいますが、それ以前に、冷静な判断で話をしている人を封殺する、社会的熱狂の恐ろしさを自覚することのほうが、大事だと私は思います。

話がそれましたので、元に戻します。

「地球温暖化は確実に進んでいて、未来は地獄で、原因は二酸化炭素だ」という話は、マスコミで垂れ流されるばかりか、むごいことに小学校の授業の中でも、子どもたちは繰り返し聞かされてます。

思い出してみてください。自分が小学生のころ、氷河期がどんなに怖かったか。大地震がどんなに怖かったか・・・・。

単なる仮説のひとつに過ぎない地球温暖化の地獄のストーリーを、さも確定した未来のように断定されて、子どもらが将来に絶望したら、どうするんですか!!

子どもばかりじゃありません。
私の知り合いの若い夫婦の中には、これから子どもが生まれても不幸になるだけだから、子どもは生まない、というカップルさえいます。
この思い込みは、極めて気の毒なことです。

無責任な決め付けで人を脅迫する構図は、いかがわしい新興宗教となんら変わりません。
情報の発信者は、そのことを肝に銘ずるべきです!!
[PR]
暑い!暑すぎる。
プラモを作るときは窓を開けるので、基本冷房ナシです。
モデラーには夏は辛い季節であります。ちなみに冬も窓を開けるのは辛いです。

こう暑いと、ワイドショーのコメンテーターはバカの一つ覚えのように地球温暖化云々といい、二酸化炭素は減らさないといけませんネエ・・・などと眉をひそめるわけですが・・・。

最近の温暖化は、本当に二酸化炭素が原因かというと、非常にそれは怪しいんであります。

二酸化炭素は温室効果ガスといわれますが、温室効果で言ったら、最も地球に影響を与えるのは水蒸気であり、水蒸気が温室効果の90%以上を担っています。これは実験等の結果から、まず間違いない事実です。

また、最近は太陽の黒点の数などから、太陽が活発な時期に入っているらしく、こっちの影響のほうが大きいのではないかという説もあります。私はこっちを支持します。

それなのに何故二酸化炭素が温暖化の主原因に祭りあげられたかいうと、ストーリーとして、人間の驕りが自らの危機を招いている…という話は非常にマスコミウケがいい。また、二酸化炭素排出は産業にかかわることなので、その問題を解決するということ自体がまた新たな産業を生み、経済的にも都合がいいからです。

マスコミに登場する軽率な科学者は、まことしやかに地球の温暖化は今後も進む・・・みたいなことを言ってますが、それは仮説のひとつに過ぎず、実のところはよくわからないんです。
科学でわかることは、世間で思っている以上に少ないと考えたほうが、だまされずにすみます。

また、二酸化炭素排出量の目標値を売り買いする・・・なんて話がありますが、本気で言ってるんでしょうか。
二酸化炭素の排出量の計測なんてのは、世界の国々のすべての工場の煙突一本一本、またすべての自動車の排気管一本一本に、「二酸化炭素計測器」なるものをつけて測るわけが無く、基本的に、業界ごとのルールにのっとった机上の計算で出すもので、各企業、各公共団体の自己申告によるものだと思われます。(どなたかその世界に詳しい方に、算出方法などをお聞きしたいものです)

そんなあいまいなものなのに、目標に達せなかったといって、何億円も出す判断なんてあるんでしょうか。ホントよくわかりません。
頭がいい人たちは、とんでもない架空の世界でお金をもうけることを考えるものです。

資源は大切に使ったほうがいいのは確かですし、物を燃やす量を減らすのも、人類の安定した営みを永く続けるために大切なことで、それは私も賛成です。
しかし、事実かどうかもわからない情報(二酸化炭素による地球温暖化説)で世間の人々を脅して、新しいビジネスをでっち上げるのは、犯罪行為だと思います。
[PR]
久間氏が防衛大臣を辞めました。
こんな迂闊な人がよくもまあ、長々と勤めてくれたものです。
防衛大臣なのに言葉が無防備じゃ、話になりません。

私たちの生活の安全をあずけている最高責任者なんですから、それらしい仕事をしてくれないと困ります。


しかし・・・日本では、その道のプロじゃなきゃいけない人が、全然ダメダメでも務まっちゃうんでしょうか。

社保庁だって、そうです。あそこの仕事は、人の預けた保険料をちゃんと管理して、ちゃんと払うことです。それしかないんです。それができないとは、トホホです。

山口の母子殺害事件の犯人についた弁護士21人。
弁護士というのは、善良な人々が不当な扱いを受けず、安心して暮らせる世の中を作るのが使命だと私は思います。

しかし、この人たちは、自分の思想に合った判決にすることか、あるいは有名事件の判決を変えたという実績作りが目的であるとしか思えない、むちゃくちゃなことをやってます。

もー、見てて恥ずかしい。
ちゃんとプロの仕事をしてほしい。 社会が求める責任を果たして欲しいのであります。
[PR]
私は、学生時代に地質調査をかじった経験があります。
その経験からすると、どうしても腑に落ちない世の中の常識がありました。

それは、「石油や石炭は、化石燃料だ」という常識です。
化石燃料という意味は、石油は海の生物の死骸のなれの果て、石炭は陸上植物のなれの果て・・・だということです。

私が学生時代に調べたのは、新生代第三紀の亜炭の層を含んだ地層でした。亜炭は、湖に沈んだ木や葉っぱが酸素の少ない淡水の中で、バクテリアに二酸化炭素と水に分解されること無くそのままの形で堆積物に埋もれ、長い年月のうちに高温高圧の中で炭化したものです。
炭素の量はそれほど多くなく、いわゆるキラキラした質の高い石炭とは縁遠いものです。

ちなみに熱帯雨林は石炭にはならないと思います。バクテリアの活動が活発で、植物が死ぬとすぐに二酸化炭素と水に分解されてしまうからです。

質の悪い亜炭ですら、上記のように、淡水湖が長い間存在し、温帯で周りに木が多い・・・という特異な状況でしか生成されないのに、世界の使用量の数百年分といわれる石炭の埋蔵量は、いったいどういう自然環境下で、植物の死骸の蓄積がなされたのか・・・・・。そんな古環境があったとは、私にはどうしても思えませんでした。


次に石油ですが、石油は海の生物の死骸のなれの果て・・・といいます。

でも、そんなに炭水化物の生き物の死骸がが海の底にたまるなんていうことは、私には信じられません。生物が死んだら、バクテリアによって、それこそあっという間に二酸化炭素と水に分解されちゃいます。

実際、現在の海の底で、炭水化物の動植物の死骸が降り積もって腐葉土のようになった黒い海底なんてあるんでしょうか? 私は知りません。現在の海にはないけれど昔の海にあったというのは、どうも説得力はありません。

というわけで、毎日何百万トンと採掘されるような石油になる、生物の化石がどうやったらできるのか、皆目わかりませんでした。



そして最近、もうひとつ腑に落ちない事件がありました。

渋谷の温泉汲み上げ施設のメタンによる爆発事故です。

関東の地下1000メートルの基盤近くには、温泉とともに大量のメタンガスがあるというのです。
基盤というのは花崗岩などの硬い岩石です。その上に新生代の火山灰質の堆積層があるのが関東平野です。基盤とその上の堆積層は、当然のことながら不整合です。大昔に隆起して、地上にあがり、侵食されて岩盤がむき出しになり、その後沈降して、こんどは、堆積層がその上にたまったわけです。

基盤近くのメタンは昔の植物の死骸が変化したものだといいますが、不整合面にそんなものがあるとは思えません。

地質をやってる人にとっては、不整合面の上は粗い砂や礫であることは常識です。海に沈降した初期にたまる堆積物ですから、粒は粗いのです。現在でいうと沈降海岸(リアス式海岸など)の海底にたまった砂のようなものです。海岸の砂を掘っても、炭素が豊富な黒土は出てきません。

つまり、不整合面のすぐ上の層に生物起源のメタンガスがたまるのはありえないことなのです。
メタンのように軽いものが、さらにその上の層から下に降りるなんてことも考えられませんし・・。


そんなようなことを考えていたときに、ふと思い出したのが、昔、少し聞いたことがある、石油は無機物起源だ・・という説です。

ちゃんと調べてみようと思い、探したら、トーマス・ゴールド著「未知なる地底高熱生物圏」という本に行き当たりました。

これは・・・・これは、すごい本でした。

読んだら目からウロコ。やっぱりそうだったかー! という膝ポンの連続です。なんで出版されたときに読まなかったか・・・と、とても悔やまれました。


詳しいことは長くなるので書きませんが、要約すると以下のような感じになります。

・石油や石炭は地中のメタンが変質したものだ。
・メタンは、木星の大気にメタンが含まれていることからわかるように、宇宙に大量に存在する分子である。実際隕石のなかからもメタンは見つかる。
・地球ができたとき、このメタンは地球内部に大量に封じ込められた。
・地球ができたばかりのころは、全球がすべて溶けてドロドロになったわけではない。
・現在も地下深くには大量のメタンが存在し、地殻の割れ目などを通して少しずつ上昇している。
・石油や石炭に生物の痕跡が見えるのは、地下で石油や石炭を食べて生きている微生物によるもので、石油や石炭が生物起源であるわけではない。

上記のようなことがいちいち納得できる証拠を挙げて説明してあるんです。
一応地質をかじった人間として、石油、石炭が生物起源じゃない・・・とするほうが、つじつまがあう・・と、確信しました。


古くは、地動説、最近では大陸移動説が、地球の常識をひっくり返しました。

そして今度は、近いうちに、石油、石炭は地球形成期に取り込んだメタンが起源である・・・というのが、新しい常識になるのではないかと思います。

トーマス・ゴールドの名前は、記憶しておいたほうが良いと思います。
[PR]
「若い人たちは、子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる」という柳澤大臣の発言。

それは、「少子化」を「問題」としてとらえている以上、子どもを持ちたいと思うのを「健全な状況」とするのは別にヘンじゃないと思うんですけどね。

どうも、こういう発言に敏感な「女性の権利に真剣な人々」は、本当は「少子化」を「問題」として扱うこと自体がイヤなんじゃないかと勘ぐりたくなっちゃいます。

「少子化」が「問題」ということは、子どもを持たない人生を選択する人が増えるのは「問題」だという意味ですからね。

自分の選んだ人生が「問題扱い」されるのは腹に据えかねる人がいるのかもしれません。

だったら、厚生労働大臣の失言に噛み付く前に、「少子化は問題ではありません」と堂々と主張すればいいと思います。


私の場合、「少子化」は「問題」かと問われれば、長い目で見れば人類のためには良いことだと思います。
人口が減れば、一人当たりの耕地面積が増え、ガツガツしなくても生きていけるようになりますし、地球の環境の変化も緩やかになるだろうからです。

問題なのは、「急激な」少子化です。現状のような急激な少子化は、経済的にも防衛的にもキツイ状況になりますからね。あ、当たり前のことか。


この急激な少子化の原因は、いろいろあると思いますが、私は現代の価値観の影響も大きいと思ってます。

より良い人生とは、自分の好きな道を歩めることだ・・・というのが戦後の風潮じゃないですか。

子どもを持ったら経済的にも体力的にもキツイのは確かですからね、自分の好きな道なんてなかなか歩めませんよ。

でも、子どもに振り回される予測不能な人生も、実は楽しいものなんです、本当は。
私自身、子どもをもし持たなかったら、人生の喜怒哀楽の7割ぐらいは実感をともなって理解できなかったんじゃないかと思うぐらいです。私の妻も同じようなことを言ってました。

そういうと、事情があって子どもをもてない人から叱られそうですが、私は自分自身を振り返って、そう思ってるんだから仕方がないです。ごめんなさい。
こういうことを恐る恐る書かなきゃならないような状況だから、少子化も止まらないのかな・・・。
[PR]
自民党も決してしっかりしているわけではありませんが、民主党などの野党よりはましです。

柳澤厚生労働相が大臣をやめなきゃ、国会の審議拒否だって。

・・・・バカです。

辞任問題は辞任問題、国会審議は国会審議。別問題です。

前々から思ってましたが、いったい野党に、国会審議という国にとって大切なことを、勝手に取引条件にする権利があるんでしょうか?

これを繰り返してきた政党が社会党です。
北朝鮮を擁護してきた社会党。現在も社民党(一部民主党に流れた)などと名乗って、かろうじて命脈を保っている、私から見れば害毒集団です。

この集団と同じことをまだやろうとしている・・・・。そういう時期じゃないでしょ?

まさに国の私物化です。
この一事で、なにがあろうと私は次の国会選挙では絶対野党には入れません。


もう政治家もマスコミもワンパターンのヒステリックな反応を繰り返して、国の運営を邪魔するのはやめましょうよ。
[PR]
厚生労働大臣の失言のせいで、またマスコミと女性問題に真剣な方々から批判を浴び、政治の空白を呼びそうです。大臣になるような人は、公人がああいうことを言えばたたかれて、対応に時間を割かれるということぐらいわかる常識をもっていてくれないと困ります。

柳澤大臣だって、自分の母親や奥さんに対し、子どもを生む機械だなんてことは思ってないと思いますよ。単に常識がない。あるいはそういうことを注意された経験がないお山の大将だったということでしょう。責められるべきは失言の内容より、そこでしょう。

もちろん失言をたしなめるのは必要ですが、世間も過剰反応しすぎな気もします。
最近は「私は傷ついた!」と主張するのが流行ってるみたいですが、それをヒステリックにやるのはあんまり品がいいこととは思えません。


それよりも、失言ならば、久間防衛大臣の方が深刻です。

自国の防衛体制にヒビを入れるような迂闊な思いつき米国批判を繰り返すような人が、防衛大臣をやっていることのほうが恐ろしい。

アメリカを怒らせて成り立つ防衛構想があるならば、ぜひ久間防衛大臣に開陳していただきたい。もっとも、あのような失言を繰り返す人には、構想など何もないと思いますが・・・。
この人こそ早くやめてももらったほうが国のためです。
[PR]
幼いころ、私の母親は、鶏肉が古くなって少々におっても
「水で洗ってから煮たり焼いたりすれば大丈夫だ」
といって、おいしく食べさせてくれました。

また、現在でも我が家は消費期限切れの豆腐や納豆をおいしく食べてます。
こういうことは、家庭での自己責任の範囲なら良いわけです。

ところがこれが企業だとまずいわけです。そりゃ当たり前のことです。

さて、不二家さん、たいへんなことになりました。
食品を扱う企業として相応しくない衛生管理をしていたため、責められるのはある程度仕方がないと思います。
今後の食品業界への牽制としての、見せしめのような部分もあるでしょう。
とはいえ、不二家で働く人や、その家族には気の毒なことです。早く立ち直ってもらいたいです。

私もサラリーマンですから、企業の不祥事にはどうしても同情的になります。

ところが、中にはそうじゃない人もいます。
「私は以前不二家で働いていて、こんなことがあった」と告発する人
それを取材して、これでもかというぐらい放送するテレビ局。

どうなんでしょう。
川に落ちた犬を棒でたたくような行為は、正直、見ていてあんまり気持ちのいいものではありません。
[PR]
私が小学校のときの同級生で、あだ名が「こんにゃく」という子がいました。
なぜ、そういうあだ名になったかというと、授業の発表のときに照れちゃってクネクネしながら演壇に立っていたときに、先生から
「そんな、こんにゃくみたいにクネクネしないで、シャキッとやりなさい」
という言葉がかかったからです。

その言葉は、母親のような気持ちで発せられた、いい雰囲気のツッコミでした。
でも、その後の彼は中学卒業まで「こんにゃく」と呼ばれ続けました。まあ、本人としては、あんまりうれしくないあだ名だったようです。

このように、未熟なガキの集団を束ねる先生の言動というものは、小さなことであっても大きな影響を及ぼしてしまうことがあります。子どもの集団の中で特定の子どもにかける言葉には細心の注意が必要ということで、先生とは神経を使う大変な職業だと言えます。


福岡の中学生自殺の事件の報道は、無神経な発言をした先生の糾弾キャンペーンになっています。確かに、その先生には迂闊で責められるべき点もありますが、世間の彼のたたき方は少々行き過ぎの感じがします。
もし、糾弾によりその先生の身に何かあったら、マスコミや関係者はどう責任をとるつもりなのでしょう。

なんか、いじめ事件のマスコミ報道はいつも的外れな感じがします。
集団の暴力に発展するいじめは、だいたいそれをリードする悪ガキがいるわけで、そういう悪ガキを何とかすることが、一番の解決法だと私は思うわけです。
たぶんこの感覚は学校生活を経験した人なら共通して持っているような気がするんですけど、マスコミの報道は一切そういうことを言いません。

おかしな話です。
福岡の事件で最も糾弾されるべきはいじめた側の子どもであり、その親であると思うんですがね。

こういう浅はかな未成年擁護の報道によって、福岡のその中学の生徒が、責任はすべて教師にあるんだと勘違いしたとしたら、それはその子たちにとって大変不幸なことだと思います。
[PR]
私は、「夢は絶対あきらめない」という類のメッセージは大嫌いです。
オリンピックの年になると急にそういうコピーがTVから垂れ流されますが、無責任きわまりない発信だと思います。

もちろん個人がそのように思うことは自由ですし、それを心の糧にがんばることは人生の選択肢の一つとしてアリだと思います。

しかし、「夢をあきらめないこと」がただただ崇高な行為であるようなイメージを、青少年に植え付けることは非常に危険なことだと思います。

40歳以上の人ならわかると思うんですが、生きて生活していくってことは、理想の自分と現実の自分のギャップに苦しみながら、自分の夢のサイズや方向性を柔軟に変えつつ、幸せを感じる落とし所を見つけていくってことだと思うんですよ。
(え?そうじゃない人もいる? そうじゃない人は、おめでとうございます。良かったですね)

ニートが多いというのも、こういう「夢をあきらめない」系のメッセージを受けることによって、世の中で生きていくことのハードルが高く見えすぎちゃってるからかもしれませんよ。いやホント。

そうですねえ。
もうちょっと社会の中で生きやすくて、元気が出るメッセージを上手に発信したいものです。
どういう内容かというと、私が思うに
「自分の役割を果たそうとすることは美しい」
ということなんですが、かっちょいいコピーは思いつきません。

最近のニュースでいうと
夢をあきらめない系でおかしくなっちゃったのは雅子様。
自分の役割を果たそうとしてるのは紀子様。
と、いったところでしょうか。

紀子様に対しては、天皇制を守るために・・・みたいな見方をする人がいますが、
私としては、自分の旦那や義理の父母・・・つまり家族のために頑張ってるように見えるんですよね。

あ、そういえば、紀子様は皇室に入る夢を実現した女性だといって、彼女を嫌ってる人もいるそうですね。
でも役割は果たしてると思います。
[PR]