<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スギ花粉、ヒノキ花粉の季節だそうですが、幸い私は今のところ花粉症にならずにすんでます。ありがたいことです。

花粉症には無縁ですが、花粉には縁がある私。
実は私、学生時代の卒論が「花粉化石による古環境の推定」だったんです。

1,500万年前の地層から資料を持ってきて、酸を使って不純物を溶かし、塩化亜鉛溶液にいれて遠心分離して花粉化石を取り出し、顕微鏡でコツコツと花粉の種類ごとの数を数える作業を延々と繰り返す地道な研究です。

花粉でわかる古環境とは当時の気温です。
すごく簡単に言うと、スギ等の針葉樹の花粉に対して、樫とか椎とかの常緑広葉樹の花粉の割合が比較的多い時期は温暖で、針葉樹の花粉が圧倒的に多いときは寒冷な時期と言えるわけです。
私が調べた1,500万年前の日本は、スギ花粉が多い時期は海退期にあたってて、海進期はやはり温暖で、「へーなるほど」と思いました。

さて、遠い未来にもし今の時代の環境を花粉で推定したら、どうなるでしょう。
スギ花粉が多い日本は寒冷だった・・・と判断されるかもしれません。
温暖化と騒がれているのにね。
[PR]
by y-kanosan | 2006-03-19 21:34 | 歴史関係
最近の法律って、個人情報保護にしろ、エアガン規制にしろ、PSE(電気用品安全法)にしろ、なんだか決め方や運用に仕方が乱暴に思えてなりません。

法律を作る人にとって、どうでもいいことや、興味のないことは、バッサリって感じ。
そういう立場の人こそ、当事者の人の話を十分聞いて、慎重にやって欲しいものです。
[PR]
私は歴史小説が好きなんですが、時々紙面にその当時の略地図が描いてあったりすると、より具体的に想像できて、とても楽しいものです。
でも略地図や図版って普通、小説にはほとんど無いんですよね。

ある日「コンスタンティノープルの陥落」を読んでいて、
「あーイスタンブールに行ってみてーなー」
と思ったとき、ふと「Google map」を思い出しました。

そういえば、鮮明な衛星写真・航空写真が問題になったとか、ならなかったとか・・・。
ようし調べてやろう!

黒海の入り口あたりをズームして、サテライトモードで見てみたら
あるぞあるぞ! イスタンブールの鮮明な航空写真が!
トルコ軍に攻められた強固な城壁が残っているのも見えます!!

「おおーすげー!」

まるで時空を越えて海外旅行に行ったような気分。
Google map って、読書の喜びを倍増させてくれますね。
みなさんもお試しあれ。
[PR]
毎週家族で大河ドラマを楽しみにしています。
今回の「功名が辻」の徳川家康役は西田敏行さんです。

その登場シーンを見ていた小学生の息子が言いました。
「あれ、なんでこんな偉い人の役をお笑い芸人がやってるの?」

確かに西田氏はコメディー映画にも出てますが、お笑い芸人というほどじゃないぞ・・・という話を息子にしても、息子は腑に落ちない様子。

そのとき横から嫁さんが
「あんた、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)とまちがえてるでしょ!」
とツッコミをいれると
「ええ!?この人上島竜兵じゃないの?」と息子。

ううむ、そうか。この世代は西田敏行を上島竜兵から知るわけか。
[PR]
e0038858_1039677.jpg
e0038858_10393346.jpg
毎朝犬の散歩をしてると、季節の変化を体で感じられて、いいものです。眠いけど。
本日は近所にある紅梅白梅がとてもキレイだったので写真を撮りました。昨年は2月に満開だったんですが、今年は遅いですね。
梅の開花は遅いんですが、桜の開花は気象庁の予想ではいつもより早いらしいです。冬が寒けりゃ開花が何もかも遅いってワケじゃないんですね。不思議。

ところで、昨日のブログに疲れたと書いたら、今日になってノドがなんだかいがらっぽい。風邪か。今いろいろと佳境なので、なんとか乗り切りたいところです。
[PR]
あー疲れた。眠い。
こういう状況になると、以前は自分に根性が足りないからだと思ってましたが、気力の源泉の体力の問題も大きいと思う今日この頃。

とくに自分の子どもを見ててそう思います。私が小中学生だったころより、明らかに体力があり、風邪もひきません。普通の子どもはこうなんだ…と、この歳になって気がつきました。
もともと持ってる体力って、人によって大きく違うんだなあ・・・。

この土日はのんびりしたいところですが、いろいろやんなきゃいけないことがいっぱいです。
体がやりたがらないので、こうしてブログで時間をつぶしてます。
ああ、この根性ナシ!
[PR]