<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

自民党も決してしっかりしているわけではありませんが、民主党などの野党よりはましです。

柳澤厚生労働相が大臣をやめなきゃ、国会の審議拒否だって。

・・・・バカです。

辞任問題は辞任問題、国会審議は国会審議。別問題です。

前々から思ってましたが、いったい野党に、国会審議という国にとって大切なことを、勝手に取引条件にする権利があるんでしょうか?

これを繰り返してきた政党が社会党です。
北朝鮮を擁護してきた社会党。現在も社民党(一部民主党に流れた)などと名乗って、かろうじて命脈を保っている、私から見れば害毒集団です。

この集団と同じことをまだやろうとしている・・・・。そういう時期じゃないでしょ?

まさに国の私物化です。
この一事で、なにがあろうと私は次の国会選挙では絶対野党には入れません。


もう政治家もマスコミもワンパターンのヒステリックな反応を繰り返して、国の運営を邪魔するのはやめましょうよ。
[PR]
厚生労働大臣の失言のせいで、またマスコミと女性問題に真剣な方々から批判を浴び、政治の空白を呼びそうです。大臣になるような人は、公人がああいうことを言えばたたかれて、対応に時間を割かれるということぐらいわかる常識をもっていてくれないと困ります。

柳澤大臣だって、自分の母親や奥さんに対し、子どもを生む機械だなんてことは思ってないと思いますよ。単に常識がない。あるいはそういうことを注意された経験がないお山の大将だったということでしょう。責められるべきは失言の内容より、そこでしょう。

もちろん失言をたしなめるのは必要ですが、世間も過剰反応しすぎな気もします。
最近は「私は傷ついた!」と主張するのが流行ってるみたいですが、それをヒステリックにやるのはあんまり品がいいこととは思えません。


それよりも、失言ならば、久間防衛大臣の方が深刻です。

自国の防衛体制にヒビを入れるような迂闊な思いつき米国批判を繰り返すような人が、防衛大臣をやっていることのほうが恐ろしい。

アメリカを怒らせて成り立つ防衛構想があるならば、ぜひ久間防衛大臣に開陳していただきたい。もっとも、あのような失言を繰り返す人には、構想など何もないと思いますが・・・。
この人こそ早くやめてももらったほうが国のためです。
[PR]
年末に刊行されました、塩野七生氏の「ローマ人の物語15巻」を読みました。最終巻です。

ああ・・・、ついに・・・とうとうローマ帝国が亡びてしまいました。
でも、その間、いろんなことを私に教えてくれました。

塩野七生さんの「ローマ人の物語」は、人間の本質、組織の本質を、深く考えさせてくれる名作だと思います。

すべての日本人に、ぜひ、読んでもらいたい。

選挙で国の行く末を考え、責任をもって投票したいと思うのなら、教養として読んでおくべき本だと思います。

選挙権がない人でも、例えば・・・
昨年履修モレで話題になった、高校の「世界史」をあわてて補習授業にするより、この「ローマ人の物語」を読むことで単位に代えるほうがいいぐらいです。その場合、単位を5倍あげても良し!

まあ、それぐらい重要な内容だと思いました。
ローマ史をちゃんと勉強している欧米人に、政治力で日本人がかなわないのは、その差か・・・と思っちゃいましたよ。

しかし、ここ数年、毎年年末の発売を楽しみにしてたのに・・・・。
今年の年末の楽しみがひとつ減っちゃいました。
[PR]
by y-kanosan | 2007-01-21 15:46 | 歴史関係
幼いころ、私の母親は、鶏肉が古くなって少々におっても
「水で洗ってから煮たり焼いたりすれば大丈夫だ」
といって、おいしく食べさせてくれました。

また、現在でも我が家は消費期限切れの豆腐や納豆をおいしく食べてます。
こういうことは、家庭での自己責任の範囲なら良いわけです。

ところがこれが企業だとまずいわけです。そりゃ当たり前のことです。

さて、不二家さん、たいへんなことになりました。
食品を扱う企業として相応しくない衛生管理をしていたため、責められるのはある程度仕方がないと思います。
今後の食品業界への牽制としての、見せしめのような部分もあるでしょう。
とはいえ、不二家で働く人や、その家族には気の毒なことです。早く立ち直ってもらいたいです。

私もサラリーマンですから、企業の不祥事にはどうしても同情的になります。

ところが、中にはそうじゃない人もいます。
「私は以前不二家で働いていて、こんなことがあった」と告発する人
それを取材して、これでもかというぐらい放送するテレビ局。

どうなんでしょう。
川に落ちた犬を棒でたたくような行為は、正直、見ていてあんまり気持ちのいいものではありません。
[PR]